貯玉・貯メダル再プレーを利用する。

貯メダル再プレーが利用できる店は必ず再プレーを利用しましょう!

5.6枚交換の店を例としますと、1万円使って500枚出した場合交換すると8,928円となります。小景品が500円の場合端数がなくなりますので8,500円まで減ってしまいます。

等価だったら±0ですが、5.6枚だと1,500円もマイナスとなってしまいます。交換しちゃうと換金ギャップが生まれてしまい損します。滅多に行かない店だと交換するのは致し方ないですが、いつも行く店だったら、かなり不利となってしまいます。

 

◎貯メダルも再プレーも利用しないで毎回交換する場合

10,000円使って500枚出すと、8,500-10,000=1,500円のマイナス

 

◎貯メダルはするが、端数だけ預けて毎回交換する場合

10,000円使って500枚出すと、8,928-10,000=1,072円のマイナス

 

◎貯メダルも再プレーも利用する場合

貯メダル500枚使って500枚出すと、8,928-8,928=±0

 

これを10回繰り返すと全く同じ成績なのに、収支は15,000円も差がついてしまいます。貯メダル再プレーをすることによるデメリットは全くないので、必ず利用しましょう!!

プロフィール

nigaoemaker

初めまして!セルズィオと申します。

2000年あたりから、友達に誘われてパチンコを打つようになりました。最初は勝てなかったものの、波を読んで打つことで100万円ほど勝つことができました。

しかし、時短がついたころからその打法が通じなくなり、スロットにも手を出すようになりました。もちろんスロットは初心者なので、負け組でしたが4号機のミリオンゴッドでマグレの万枚を達成してスロットにはまってしまいました( ゚Д゚)

その後は適当うちなので、やっぱり勝てませんでしたが、書店で見つけたハイエナの専門雑誌を見てハイエナに目覚めました。

4号機の吉宗・番長・銭形・鬼浜などがあった時代でしたが、ライバルも少なかったこともあり休みの日メインの稼働でしたが、30万・40万勝てる月も結構ありましたね。

そして2007年ごろから、仕事帰りにスロットを打つスタイルを確立、仕事の給料は安かったですが、スロットの収入を合わせるとなかなか良かったので、仕事を変えずに来てしまいました。

2013年3月には仕事で同僚だった妻と結婚し、2014年11月に仕事を辞めて、2015年にはネットビジネスで個人事業主としてデビュー予定です。

今まで順調なスロット成績を残してきましたが、2014年10月に僕の住んでいる地域で等価禁止となりました。等価禁止と聞くとネガティブなイメージがあると思いますが、みんな同じ条件なので、これをうまく利用すると逆に他の人に差をつけるチャンスが生まれてくると思います。

このブログでは、等価禁止でも成績を落とさずに勝てることを実践して証明したいと思いますので、よろしくお願いします<m(__)m>