ニューアイムジャグラー設定差まとめ

スポンサーリンク

Pocket



無題01

今日は、もう知っている方も多いと思いますが、ニューアイムジャグラーの設定差をまとめてみたいと思います。

高設定台をハイエナしちゃいましょう!

 

 

 まずは、おなじみREG確率ですね。

REG確率

設定1 : 1/455.1
設定2 : 1/442.8
設定3 : 1/348.6
設定4 : 1/321.3
設定5 : 1/268.6
設定6 : 1/268.6

設定1が1/455.1に対し設定5・6が1/268.6と大きな開きがあります。BIG確率は1が1/287.4で6が1/268.6とほとんど差がないことを考えると、REG確率は大きなポイントとなります。

だから

総回転数5000 BIG20 REG15 の台よりも

総回転数5000 BIG10 REG25 の台の方が

高設定の可能性が高まります。

設定差のほとんどないBIGを引けてなくても問題無く、設定差の大きいREG確率が5・6の値よりも良く引けているからです。

 

無題7

そしてニューアイムジャグラーの問題は5と6にボーナス確率の差がほとんどないことです。なのに機械割は設定5が102.8で設定6は105.2と大きく差がついています。

 これは何の差が大きいのかというと、ブドウ確率の差となっています。

ブドウ確率

設定1~5 1/6.49

設定6 1/6.18

設定6のみ1/6.18と設定5以下よりもブドウが出やすくなっています。ボーナス確率はほとんど一緒なのに、機械割で差がついていたのは、通常時のコイン持ちの違いでしたね。

 

だからまずは、REG確率の高い台を選び、それからブドウの引いた回数を数えていきましょう。

 500回転回してブドウを80引いた場合

500÷80=6.25となりブドウ確率は1/6.25となります。

6.18の設定6の値に近く、設定6の可能性があがったから続行しようかな・・・

 500回回してブドウを70回引いた場合

500÷70=7.14なので、1/7.14です。

設定5以下の1/6.49よりも悪いから、やめておこうかな・・・

500回転では、ブレがあるので、判断するのは早いとは思いますが、目安にはなると思います。

回転数を増やしていけば、精度は上がっていくので、ニューアイムジャグラーを打つ場合は必ずブドウを引いた数を数えましょう!

 

 

そして差枚数のわかるデータ機の場合は、おおよそのブドウ確率がわかります。これを使えばあらかじめ6のブドウ確率に近い台を打てるので、有利になりますね。

ジャグラーブドウ確率計算

等価じゃない場合は設定5と6の差は大きいので、なるべく6にこだわっていきましょう!!

スポンサーリンク

コメントを残す