ドラゴンギャル双龍の闘い 天井・機械割・純増枚数情報

スポンサーリンク

Pocket



にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
こんにちは、セルズィオです。

いよいよ僕の地域では本日より導入となりますドラゴンギャルの機種情報です。

どこもバラエティに数台程度の導入のようですね。

ブログ更新の励みとなりますので、応援よろしくお願いします<m(__)m>
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

 

 

基本スペック

ドラゴンギャル双龍の闘い

導入台数:約5,000台

AT純増枚数:2.5枚/1G

1,000円当たりのG数:約59G

天井:1616G または CZ10回

機械割

設定1:97.6%

設定2:98.9%

設定3:100.8%

設定4:104.5%

設定5:109.2%

設定6:114.3%

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

 

 

麻雀物語3と同様に、新基準機のようですね。

コイン50枚で59回転も回せてしまいます。そして天井の方は1616と麻雀物語同様にかなり深めですね。

でも新基準機の天井狙いって実際厳しいんですよね。800ハマリとかそんなに美味しい回転数じゃない台でも、目立ってしまうのでまず拾えません。いまだ麻雀物語3は一度も天井狙いできていないのが現状です。

もし運よくハマリ台を見つけられたら、800くらいからせめてみようと思います。

期待値からみると1000はハマっていないと厳しそうです。

 

ドラゴンギャル関連記事

功夫バトル・覚醒ラッシュ・黄金龍バトル

非等価店でのドラゴンギャル双龍の闘い天井期待値

天井狙い実践

 

スポンサーリンク

1件のトラックバック

コメントを残す