期待値が同じ場合はどうするべきか

スポンサーリンク

Pocket



エヴァンゲリオン決意の刻のビッグ間500ハマリと、アナザーゴッドハーデスのAT間600ハマリは期待値は1,750円くらいとほぼ一緒です。

等価の場合は期待値がほぼ一緒なので、勝率を上げたい場合はエヴァを打ち、一撃数千枚を狙いたい場合はハーデスを狙うということでいいと思いますが、等価じゃ無い場合はちょっと期待値が変わってきます。

 

エヴァは1,000円あたりの回転数が35.5で、ビッグ確率は1/234.1となっています。 平均投資額は6,600円くらいとなっています。

ハーデスの方は1,000円あたりの回転数が28で、AT確率は1/459となっています。平均投資額は16,400円くらいです。

 

等価じゃない場合はもちろん期待値は下がってしまいます。それは換金ギャップのせいですが、投資が大きくなるほど差が生まれてしまいます。なのでこの2台の場合は平均投資額の少ないエヴァの方が期待値が高いということになります。

等価じゃない場合は、通常の期待値だけでなく、平均投資額も頭の中に入れておきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す